割り切り出会い系サイトの掲示板で会えるところをマジで調べた!

割り切り出会い系サイトの掲示板でしっかりと体験談募集した上で検証してランキングとして発表している「gcags2013.com」です!

 

出会い系サイトでタダでやらせてくれる女性を見つける事が出来ました

私は妻の体に飽きてしまったので、出会い系サイトを使って割り切りをしていました。
しかし割り切りのお金を工面する事も難しくなったので、出会い系サイトでタダでやらせてくれる女性を見つける事にしたのです。
出会い系サイトをいくつも見て見つける事は出来ましたが、女性としてのレベルは割り切りの時よりも格段に落ちました。
ですがまあ文句を言っても仕方がないので、私はこの女性とラブホテルに向かったのです。
彼女は顔が良くない上に、体も全然魅力的ではなく、裸を見てもちんちんがピクリとも反応しませんでした。
しかし彼女の方はやる気満々と言う感じで、私のちんちんを見ると直ぐにしゃぶりついて来たのです。
そして口の中で、器用にちんちんを揉み揉みしてくれたのです。
彼女は見た目は最悪とも言えるレベルでしたが、フェラの腕前は逸品でした。
なのであっという間にちんちんは固く硬直して、彼女の口の中いっぱいに大きく成長したのです。
すると彼女は口からちんちんを引き抜き、今度は舌を使ってちんちんをねっとりと舐め回してくれたのです。
それで私は快感が頂点に達し、彼女の顔に白くて熱い液体を放出してしまいました。
一発出したら急にやる気が出て来て、次に私は彼女の体を愛撫して、マンコの中にちんちんを入れて彼女をイカセルと共に、自分も二度目の放出をしたのです。
彼女は初めから私の事を気に入ってくれていたので、彼女に大人の恋人に成って欲しいと頼んだらすぐになってくれました。
こうして私は、何とか大人の恋人を作る事が出来ました。
割り切り相手の質としては決して良いとは言えませんが、タダでやらせてくれるので、そのくらいは仕方がないかと諦めています。
「千葉県:30代:男性:会社員」

 

とある割り切り出会い系をよく使っていました

明らかな業者や勧誘のメールが多く、もうその出会い系を退会しようかと思っていた矢先でした。
ある女性からのメールに目が留まりました。
メールには「本当に出会いを求めています」など、本気度が伝わってくる内容で、他の業者とかとは何かが違うなとピンと来たのです。
まぁ、ダメ元でその子に返信して、業者だったら退会しようと考え、思い切って返信してみました。
すると、他の業者とは違い、きちんとこちらの問いかけに対する回答があり、業者の事務的な長文メールではありませんでした。
これはひょっとしたら本物かな、と思い切ってご飯に誘うと即OKの返事が。
援交目的かも、と思い、あえて財布の中身は少なめにして待ち合わせ場所に向かうと、スタイル抜群の若い子が立っていました。
いや、まさかと思い遠目から様子をうかがっていても、他にはそれらしい子はいない。
思い切って声をかけてみるとズバリその子だった。
内心、「援交目的でもこの子とヤれるならちゃんとお金持ってくれば良かった」と、このとき思いました。
とりあえず約束してたご飯を食べに行き、いろいろな話をしました。
彼女が女子大生で出会いがなくて例の出会い系に登録したこと、出会い系を通じて出会ったのが私が最初だったことなどいろいろ。
ですが、私の中では「どうやってこの子とセックスに持ち込むか」しか考えていませんでした。
自然と視線が彼女の胸の辺りに行ってしまいます。
「なーんか、さっきからエッチな目で私のこと見てますよね」と言われたときドキッとして顔を上げると年に似合わず色っぽい笑みを浮かべた顔がありました。
「私とエッチしたいんですか?」と直球な質問を投げかけられ、私は正直に「したい」と言いました。

「んー、お兄さんならいいかな」と今度は少しいたずらっぽい笑顔で言われました。
早々に居酒屋を出て、ホテルに向かいました。
部屋に入ると我慢できずに後ろから彼女を抱きしめ、そのままベッドに押し倒しました。
シャワーするのも忘れ、半ば乱暴に服を脱がします。
酔っていたためか、彼女も抵抗しません。
お互いが素っ裸になる頃には私のアソコもギンギンになっていました。
「ごめん、私まだ準備できてないから…」
彼女がそう言うとおもむろに私のアソコを舐め始めました。
「準備できるまで、これで我慢してね」
シックスナインの体勢になり、私の目の前にはピンク色のワレメが。
私が彼女のそこを愛撫すると少しずつ湿り気のある音がしてきました。
彼女が言う、「準備」が出来てきたところで、ゴムを付けるのも忘れて最初はバックで挿入し、フィニッシュはそのまま中に出してしまいました。
若い肌は吸いつくように心地良い感触でした。
大阪、30代男性、会社員